Team

  • LESQUEチーム:一泊二日の小旅行とゲリラ豪雨!

    太陽と雨のダンス:LESQUEチームの冒険的ツアー

    スケートボードと自由を求めて、LESQUEチームは一泊二日の小旅行に出かけました。忘れられない思い出を作る旅は、まさに冒険の連続でした。

    旅の最後には予期せぬゲリラ豪雨が私たちを襲いましたが、まるで映画のようなドラマティックな展開に心躍らせ、雨をも楽しむ余裕を見せました。あふれ出す雨水が道を流れる中、私たちはただ流されることなく、この予期せぬ自然の力を全身で感じながら滑り続けました。

    このツアーを素晴らしいものにしてくれたのは、アテンドしてくれた大泉友汰のおかげです。彼の地元の知識と献身的なサポートがあったからこそ、この旅は成功に終わり、チーム一丸となって満足できる結果を得ることができました。

    旅から戻ってきた今、私たちは新たなスケートボードの旅に向けての準備を始めています。次の冒険がどんなものになるかはまだ秘密ですが、LESQUEチームの旅はいつだってスリルと発見に満ちています。

    次回のアップデートをお楽しみに。大泉友汰との思い出に感謝しつつ、私たちは常に前進し続けます!

  • Gravis Skateboardingの新たな船出: LESQUEの奥野健也と佐々木真那

    Gravis Skateboardingの新たな船出: LESQUEの奥野健也と佐々木真那

    スケートボード界における待望のニュースが飛び込んできました。伝説的なブランド、Gravis Skateboardingが再始動し、LESQUEのスターライダー、奥野健也と佐々木真那がこの新たな章の顔として選ばれました。これは、スケートボーディングの世界における大きな一歩であり、二人のプロスケーターにとっても重要なマイルストーンとなります。

    奥野健也: スタイルと技術の融合

    奥野健也は、そのシャープで力強いスケーティングスタイルで知られています。彼のプレイには、ただ技術的に優れているだけでなく、芸術的な要素が満載で、観る者を魅了します。Gravis Skateboardingの再始動において、奥野がどのように自身のスタイルとブランドのイメージを融合させ、新しいスケートボードの地平を切り開くのかが注目されています。

    佐々木真那: 創造性に富んだアプローチ

    一方、佐々木真那は、その創造的で斬新なスケーティングアプローチで知られています。彼のスケートは、常に新しい何かを追求しており、そのプレイからは想像力と創造性が溢れ出ています。Gravis Skateboardingとのコラボレーションを通じて、佐々木がいかにして自身のユニークなスタイルをさらに発展させ、新しいファンを獲得していくのか、大いに期待されています。

    Gravis SkateboardingとLESQUEのシナジー

    Gravis Skateboardingの再始動と、LESQUEの二人のスターライダーの参加は、スケートシーンにおいて新たなシナジーを生み出します。奥野健也と佐々木真那の独自のスタイルと技術が、Gravisの革新的なデザインと組み合わさることで、スケートボードの魅力をさらに多くの人々に伝えることができるでしょう。

    この再始動は、スケート界に新たな刺激を与えるだけでなく、スケートボード文化のさらなる発展に寄与すると期待されています。奥野健也と佐々木真那の今後の活躍からは目が離せません。スタイリッシュなスケートの新時代が、今、始まろうとしています。

  • Sb SKATEBOARD JOURNAL

    #39 2022 SUMMER COVER
    PHOTOGRAPHY JUNPEI ISHIKAWA @10npei
    SKATEBOARDER @manasasaki_

  • LESQUE & EAZY MISSの夢の共演!北海道スケートツアー2022

    冒険の地、北海道で繰り広げられたLESQUE & EAZY MISSのスケートツアー

    2022年、LESQUEとEAZY MISSが力を合わせ、スケートボーダーたちの楽園、北海道へと壮大なスケートツアーに出かけました。この歴史的な合同ツアーには、本橋瞭、長谷川絢之介、田島ライド、高山レオという、日本を代表するトップスケーターたちが名を連ねました。

    広大な大地と豊かな自然に囲まれ、彼らのスケートボードは新たな命を吹き込まれるかのようでした。都市の喧騒から離れ、北海道の壮大な景色を背景に、彼らはそれぞれのスタイルを存分に発揮。まるで自然と一体になったような滑りは、見る者の心に強烈な印象を残しました。

    日々のセッションは、単なるスキルの披露では終わらず、スケートボーディングの真髄を追求する旅となりました。四人のライダーたちが出会ったスポットは、それぞれに異なる挑戦を提供し、ツアーを通じて彼らの結束はより一層強固なものとなりました。

    この北海道スケートツアーは、LESQUEとEAZY MISSが共に築き上げた、創造性と冒険心に溢れたモニュメントとして記憶されるでしょう。本橋瞭、長谷川絢之介、田島ライド、高山レオの四人が見せたプレイの数々は、今後の彼らのキャリアにおいても、間違いなく重要なマイルストーンとなります。

     

  • March Skate Photo

  • 東京ストリートを制覇!Lesqueチームによるサーチアンドデストロイセッション

    久々の再会!Lesqueチーム、東京の街角での壮絶ストリートセッション

    日々進化するスケートボードの世界において、Lesqueチームの存在感は常に一際輝いています。そんな彼らが久しぶりに集結し、東京のアスファルトを舞台にストリートセッションを敢行しました。

    「サーチアンドデストロイ」のスローガンのもと、チームは街中を駆け巡りながら、隠れたスポットを見つけ出し、一つ一つを自分たちのプレイグラウンドに変えていきました。各々が持ち前の技とスタイルで、コンクリートジャングルの隅々にアートを描き出していく様は、まるでダンスのよう。

    この日のセッションは、ただ単にトリックを決めることだけが目的ではありませんでした。それは、チームとしての絆を再確認し、お互いに触発を与え合うためのもの。テンションMAXで迎えた一日は、彼らの強い意志とスケートボードへの情熱が見事に融合した瞬間でした。

    夕暮れ時には、日が沈む空の下で最後の一滑りをし、今日一日の成果に満足しながらも、もう一度滑りたいという思いが彼らの中に芽生えていました。Lesqueチームにとってスケートボードは、単なるスポーツではなく、人生そのものなのです。

    今後も彼らの冒険は続きます。次回のセッションがどこで、いつ起こるのかは分かりませんが、Lesqueチームがまた新たな伝説を作り出すことに疑いの余地はありません。

  • LESQUE AUTUMN PARK SESSION 2021

    秋の東京小金井公園で行われたLESQUEのYoung Guns ManaとJunのスケートセッション。
    LESQUE’s Young Guns Mana and Jun skate session at Koganei Park in Tokyo in autumn.

  • 消えた天才からの復活: プロスケーター奥野健也の物語

    消えた天才からの復活: プロスケーター奥野健也の物語

    スケートボード界において、時に「消えた天才」と称されることがあります。奥野健也は、そんなラベルを貼られた一人です。しかし、彼はただ消えたわけではありません。奥野健也は、スケートボード界において独自の道を歩み、その才能と情熱を新たな形で示してきました。

    奥野健也の始まり

    奥野健也は、若干12歳でスケートボードに出会い、その魅力に取り憑かれます。彼の技術とスタイルはすぐに注目を集め、若い頃から将来を嘱望される存在でした。しかし、スポットライトの中で生きることのプレッシャーは決して小さなものではありませんでした。プロとしてのキャリアを追求する中で、奥野はスケートボード以外の道にも目を向け始めます。

    消えた天才のレッテル

    一時期、メディアからの注目が薄れ、「消えた天才」との声も囁かれました。しかし、奥野健也にとって、スケートボードへの情熱は決して消えることはありませんでした。彼は、スケートボードを通じて自己表現の新たな方法を模索し続け、そのプロセス自体が彼にとっての真の成功だったのです。

    新たな道

    奥野健也は、スケートボーディングだけに留まらず、ビジネスと教育の分野にも進出しました。MBAを取得し、スケートパークの設計やアパレルブランドの立ち上げなど、彼の活動範囲は多岐にわたります。これらの活動を通じて、奥野はスケートボードコミュニティへの貢献を続けており、多くの若手スケーターに影響を与えています。

    復活と未来

    「消えた天才」というレッテルを乗り越え、奥野健也は再びスケートボード界の注目を集めるようになりました。彼の物語は、挫折や試練を乗り越え、自分自身の道を切り開くことの大切さを私たちに教えてくれます。今日、奥野健也はただのプロスケーターではなく、スケートボードを通じて可能性を追求し続ける、真のアーティストとして尊敬されています。

    奥野健也の物語は、彼がどのようにして「消えた天才」からスケートボード界の象徴的存在へと変貌を遂げたかを示しています。そして、彼の物語はまだ終わっていません。奥野健也から目が離せません。

     

  • “TSUMAMI” NOBUO ISEKI

  • MANA SASAKI / 佐々木真那